法人クレジットカードは必要!いらないは嘘?個人カードとの違いやメリット・デメリットを徹底解説

法人クレジットカードは本当に必要?個人カードとの違いや、法人カードならではのデメリット・トラブルまで徹底解説コラム

この記事を読んでいる方の多くは「法人カードを必要か?」について悩んでいる経営者の方だと思います。

【結論】法人カードは必要です!!

法人カードを作り、会社関係の支払いを法人カードで行うメリット・デメリットについてまとめてみました。

▼個人カードと比べたときの法人カードのメリット

  • 公私混同を避けられる
  • 限度額が高い傾向がある
  • 法人口座から引き落とし
  • 社員向けの追加カードが発行できる
  • 年会費を経費として計上できる

▼法人カードを使うデメリット

  • 審査が厳しいカードもある
  • キャッシングや分割やリボがないカードもある
  • ポイント還元が低いカードもある

デメリットと比べメリットの方が圧倒的に多いです。

とくに法人カードをもつことで、決済の公私混同を避けられるのは大きなメリットです。

法人設立直後、独立直後でも作りやすい法人カードを紹介します。

\コスパ最強カードを紹介/
おすすめ法人カードを
確認する

  1. 【失敗しない】独立直後でも作りやすい法人カード
  2. この記事が参考になりそうな方
  3. 法人カードと個人カードの違い
  4. 法人カードの個人カードと比べたメリット
    1. 設定される限度額(利用可能枠)の差
    2. 法人口座からの引き落としができるかどうか
    3. 公私混同を回避できるかどうか
    4. 社員向けの追加カードが発行できる
    5. ビジネス向け付帯サービスが充実している
    6. 年会費を経費として計上できる
  5. 法人カードの個人カードと比べたデメリット
    1. 審査が厳しくハードルが高いカードもある:審査対象が法人代表者個人でないと会社の決算関連書類が必要なことも
    2. キャッシング機能が無い、分割払い・リボ払い等の機能も無い(あまり使うシーンはありませんが)
    3. ポイント還元率が低い・ポイントサービスがそもそもない法人カードも
    4. 社内外での不正利用の懸念
  6. 結局法人カードは利用するべきなの?
    1. 結論、ほとんどの法人で利用するべき
    2. 審査にすべて落ちてしまったときの代替策として、個人向けクレジットカードや法人向けデビットカードの利用を検討しよう
  7. おすすめ法人カードの選び方
  8. 迷ったらこれ!おすすめ法人カード
    1. セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    2. ラグジュアリーカード ブラック
    3. 三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

【失敗しない】独立直後でも作りやすい法人カード

▼作りやすく失敗しない法人カード▼

  • セゾンプラチナ・アメックス
  • コスパ最強のイチオシカード。高還元率+便利なコンシェルジュつき。【最短3営業日発行】※創業1ヶ月目の合同会社でも審査通過!

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)
  • 年会費無料カードの本命!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!

    セゾンプラチナビジネスアメックス公式サイト・今すぐ申込み

    この記事が参考になりそうな方

    この記事では、法人クレジットカードと個人クレジットカードの違いをメリットやデメリットもあわせて解説しています。

    • 現在個人向けクレジットカードで会社の支払いを行っている方
    • 独立前・直後で法人カードが気になっているけれど、あまり仕組みが分かっていない方
    • 法人カードのデメリット面・不正利用などが心配・気になる方

    「法人クレジットカードは必要か?」が気になる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

    法人カードと個人カードの違い

    法人カードと個人カードの違い

    法人カードと個人カードはスペックを含めてさまざまな違いがありますが、主な違いは「契約者(申込対象)」と「支払口座」にあります。

    法人カードは「個人事業主」や「法人代表者」といった個人契約できるカードもありますが、「法人」として契約できるカードもあります。

    また、支払口座はカードによって選択肢は異なるものの、「個人口座」・「屋号付き口座(個人事業主)」・「法人口座」を選択できます。

    個人カードの場合は契約者(申込対象)は個人で、支払口座も個人口座しか選べません。

    細かい違いをメリットとデメリットの比較で解説していきます。

    個人カードで経費を支払うと、利用明細の中で「個人支出(プライベート)」と「経費(会社)」を分ける必要があります。
    法人カードは基本的に経費しか支払わないため、「個人支出」と「経費」を明確に分けられます。

    法人カードの個人カードと比べたメリット

    法人カードと個人カードのメリットを比較すると、用途がまったく違うことがわかります。

    • 限度額が高い傾向がある
    • 法人口座から引き落とし
    • 公私混同を避けられる
    • 社員向けの追加カードが発行できる
    • ビジネス向け付帯サービスが充実している
    • 年会費を経費として計上できる

    法人カードは経費払い専用として作られているため、事業支出を支払うためにカードを持つなら法人カードが最適です。

    社員用の追加カードを発行でき、ETCカードも追加カードごとに発行できます。

    また、「法人口座を設定可能」や「カード年会費は全額経費計上」など、個人カードにはないメリットもあります。

    設定される限度額(利用可能枠)の差

    個人カードに比べると、法人カードのほうが限度額の設定が高い傾向にあります。

    • 法人決済の専用カードなので、個人向けカードよりも限度額は高い傾向
    • 利用実績を積み上げていけば、数千万円の決済が可能になるケースも
    • 仕入れや海外出張・広告費・国税の支払い等の会社の大きな出費があった場合、個人向けクレジットカードの限度額では足りなくなる可能性を排除できる
    • 大きな金額の支払いを法人カードで行うことでキャッシュフローが改善する

    事業規模等にもよりますが、一般的にプライベートよりも事業にかかる経費のほうが、月間の支出が多くなりやすいですね。

    個人カードではそもそも限度額が低いカードが多く、プライベートでもカードを使うことからさらに限度額が足りなくなることがあります。

    経費専用として法人カードを作れば高限度額のカードを見つけやすいですし、限度額を全額経費に使えるので不自由もありません。

    法人口座からの引き落としができるかどうか

    法人カードは多くのカードで「個人口座」・「屋号付き口座」・「法人口座」を選択できます。

    事業資金を法人口座に入れている企業にとっては、法人口座を指定できる法人カードのほうが経費管理が圧倒的に楽です。

    個人カードは、引き落とし口座に個人口座しか設定できません。

    • 個人向けクレジットカードの決済口座は個人口座しか設定できない
    • 個人向けクレジットカードで法人事業経費の決済をした場合:個人で立替えた後、会社に対して経費申請、未払金の精算をすることになり処理に手間がかかる

    個人カードで経費を支払った場合は帳簿をつける際に「法人:立替金」・「個人事業主:事業主借」となるので、この点に気を付けなければなりません。

    法人カードの場合は複式簿記で「借方」と「貸方」で記入し、あとは利用明細を見ながら金額を記入するだけで簡単に処理できます。

    法人カードの経理・仕訳処理の総まとめ:経費・領収書・明細書・勘定科目など気になるところを一気読み
    【確定申告・税理士監修】個人事業主・法人設立初期で迷いがちな法人カードの経理・会計処理。「公私混同を避ける」など運用方法から、「借方と貸方の書き方」「法人費用の立替をした場合」など迷うケースの勘定科目まで徹底解説!

    公私混同を回避できるかどうか

    法人カードは経費専用として使うため、カード利用の公私混同を避けられます。

    筆者は数多くの友人・後輩などから起業時のアドバイスを求められてきました。

    残念なことに、設立初年度のお金の管理が甘く公私混同してしまう社長は少なくありません。

    個人向けクレジットカードで事業決済の立替えを続けると、個人と法人の支払いの線引きが曖昧になり、お金の管理・キャッシュフロー管理がどんどん雑になっていきます。

    筆者の経験上、初年度の段階で決済の公私混同に陥ってしまう社長の会社は、業績が伸び悩む印象があります…。

    法人カードに支払いを統一できれば、下記のようなメリットが得られます。

    • 会社の支払いをすべて法人カードで行えば経費申請の手間や、申請し忘れも無くなる
    • 公私の区分けが明確になることで税務署から怪しまれるリスクも減らせる

    クレジットカードを公私混同すると、何より経費管理が面倒です。

    帳簿に経費を記入する際、カード利用明細から「経費」にあたる項目とそうでない項目を分類していかなければなりません。

    税理士さんに分類を依頼しているとしても、税理士さんからの印象は確実に悪くなります。

    法人カードはプライベートで使うことがないはずなので、経費のためにカードを使っているなら利用明細のすべての項目が経費です。

    個人カードで経費を支払うのと同じで、法人カードでプライベートの支出を払うこともできます。
    しかし、これをやってしまうと個人カードで経費を支払った場合に経費管理が面倒になるのと同様なので、おすすめできません。
    必ずカードを分けましょう。

    社員向けの追加カードが発行できる

    法人カードは社員用に追加カードを発行できます。

    • 役員や経理担当の社員に、追加法人カードを持たせることで、経費管理を一元化し手間を減らせる

    営業担当者のように経費を払うことが多い社員にカードを持たせると、経費管理を一元化できるので事務作業が楽になります。

    また、ETCカードも本会員だけではなく、社員用追加カードに対しても発行できるので便利ですよ。

    ちなみに個人カードの場合は家族カードを発行できますが、これは発行対象が家族なので社員用追加カードとは別物です。

    ビジネス向け付帯サービスが充実している

    個人カードはさまざまな付帯サービスがありますが、法人カードも「空港ラウンジ」や「保険」など付帯サービスは同様に充実しています。

    • 経営管理レポートやコンサルティングサービス
    • 会食や接待で利用するレストランの予約サービス
    • オフィス用品の優待
    • 会計ソフトの優待
    • 福利厚生

    優待特典に関しては、法人カードは「会計ソフト」や「経営管理レポート」などビジネス系の優待サービスが備わっているカードが多いのも特徴です。

    このようなビジネス系優待が多いことで、何かのサービスを導入する際に割引や優待を適用して経費削減に繋げられるのも法人カードならではのメリットです。

    年会費を経費として計上できる

    個人カードで経費を支払う場合、「個人利用」と「ビジネス利用」の割合によってはクレジットカード年会費の一部を経費にできるケースがあります。

    ※必ずしもカードの年会費が経費として認められるとは限りません。

    しかし、法人カードは年会費を全額経費にすることが認められているため、節税効果という点でもメリットがあります。

    法人カードの年会費は一括経費(損金算入)!消費税も含めた勘定科目や、ちょっと背伸びして高級カードを持つべき理由まで。
    【確定申告】個人事業主・法人設立初期で迷いがちな法人カードの年会費。勘定科目は支払手数料 or 諸会費?消費税は課税対象?全額経費にできる法人カードだから、背伸びして持てるおすすめプラチナカードも紹介!

    ここまでは、「法人カードのメリット」・「法人と個人の経理をしっかり分けるべき理由」をまとめてきました。

    ▼作りやすく失敗しない法人カード▼

  • セゾンプラチナ・アメックス
  • コスパ最強のイチオシカード。高還元率+便利なコンシェルジュつき。【最短3営業日発行】※創業1ヶ月目の合同会社でも審査通過!

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)
  • 年会費無料カードの本命!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!

    ▼おすすめの法人カード・自社や自分に合ったカードの選び方はこちらから

    法人カード調査部公式サイトおすすめカードを探す

    法人カードの個人カードと比べたデメリット

    一方、個人カードに比べて法人カードのデメリットとなる点を見ていきましょう。

    • 審査が厳しいカードもある
    • キャッシングや分割やリボがないカードもある
    • ポイント還元が低いカードもある
    • 社内外における不正利用の懸念

    主に「審査が厳しい」や「キャッシング等がない」など、上記のようなデメリットが挙げられます。

    しかし、これがデメリットになるかどうかは、何を基準に法人カードを考えるのかによって変わります。

    審査が厳しくハードルが高いカードもある:審査対象が法人代表者個人でないと会社の決算関連書類が必要なことも

    法人カードは「法人」が申込対象となっている場合、「登記簿謄本」や「印鑑証明書」などの法人書類が必要なケースが多いです。

    逆に「個人事業主」や「法人代表者」が申込対象となっている法人カードは、「本人確認書類」のみで申し込めるカードがほとんどです。

    • 基本的には法人代表者個人が審査対象となるが、カード会社や希望限度額によっては、決算関連書類の提出が求められるケースも
    • 赤字の法人であっても審査に通る可能性がある法人カードも
    • 法人カードであっても、法人代表者個人のクレヒスに傷があれば審査に落ちる可能性が高い

    イメージ的に法人カードは審査が厳しいと思われがちですが、審査の難易度に関しては個人カードも法人カードも同じです。

    どちらも審査基準は非公表なので、どちらのほうが合格しやすいのかは答えがありません。

    クレジットカードの審査に落ちる理由は、クレヒス(クレジットヒストリー)という信用機関に登録されている延滞等の情報が原因であるケースが多いです。

    ※クレヒスが理由で審査に落ちるのは、法人カード・個人カードの両方であり得ることです。

    もし、法人カードの審査に落ちてしまった場合は、代わりに「法人デビットカード」を検討するのもいいでしょう。

    法人デビットカードは審査がないため、クレヒスの影響を受けることなく簡単に発行できます。

    個人名義のクレジットカードで法人口座引き落とせる?個人・法人カードと口座の関係性をわかりやすく整理!
    仕組みがわかりづらい法人カード…。多くは「法人口座」で決済するけど、審査対象は「法人代表者」だった!個人向けカードを法人カードとして使うとデメリットも。はじめての方におすすめ法人カードも徹底解説!
    審査なし!法人デビットカードのメリット・デメリット・おすすめを解説!クレカとの違いとは?
    審査に通りづらい個人事業主・設立初期におすすめの法人デビットカード!PayPay銀行、住信SBIネット銀行、楽天銀行、GMOあおぞらネット銀行など主要なネット銀行のデビットカードをポイント還元率・年会費などから徹底比較!

    キャッシング機能が無い、分割払い・リボ払い等の機能も無い(あまり使うシーンはありませんが)

    法人カードは「キャッシング機能がない」や「分割払い・リボ払いが使えない」というカードが多いです。

    • ほとんどの法人カードで利用できない
    • 個人が自己破産する可能性よりも、法人が倒産する可能性の方が高く、焦げ付くリスクを避ける理由もありそう

    これらを目的に法人カードを検討しているなら、希望する機能やサービスがあるかどうかをしっかり確認しておくことが大切です。

    なお、資金調達の方法自体はカードの利用以外にも、国や自治体の助成金や補助金を活用するなどいろいろとありますよ。

    ポイント還元率が低い・ポイントサービスがそもそもない法人カードも

    カード全体の平均で見ると、個人カードに比べて法人カードはポイント還元率が低い傾向にあります。

    • 個人向けクレジットカードだと、還元率2.0%など高還元率のものもあるが(AmazonゴールドカートのAmazon内利用など)、法人カードだと0.5~1.2%程度の還元率が一般的でやや還元率は劣る

    クレジットカードの還元率は0.5%が平均と言われているので、これを軸にしても個人カードのほうが高還元率カードの枚数は多いです。

    個人カードは常時還元率が1.0%を超えるカードはわりと多く、0.5%以上のカードはほとんどのカードが該当します。

    法人カードも「セゾンプラチナビジネスアメックス:JALマイル1.125%」や「ラグジュアリーカード:1.0%~1.5%」など一部には高還元率カードもあります。

    ただし、法人カードの中にはそもそもポイントプログラムがないカードもあります。

    法人カードは、個人カードに比べて高還元率カードの候補が少ないのがデメリットです。

    損する法人カードを作らないようにしましょう!

    ▼作りやすく失敗しない法人カード▼

  • セゾンプラチナ・アメックス
  • コスパ最強のイチオシカード。高還元率+便利なコンシェルジュつき。【最短3営業日発行】※創業1ヶ月目の合同会社でも審査通過!

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)
  • 年会費無料カードの本命!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!

    法人カード調査部公式サイトおすすめカードを探す

    社内外での不正利用の懸念

    デメリットとして無視できないのが「不正利用」です。

    個人向けのクレジットカードに関しても「不要論」を唱える人の多くが不正利用・紛失を懸念しています。

    補償制度も完備されていますし、社内で追加カードを発行し持たせる場合はしっかりルールを作ればまったく問題ないと思うのが筆者の意見です。

    ▼丁寧に解説した記事もご用意しています。

    法人カードの不正利用の事例&対策まとめ!社員による悪用・横領を防ぐ社内規定やルール案・管理のコツまで
    社員用の法人カードで、社員が使うときの注意点を徹底解説!私的利用は業務上横領にあたる?社内規定や秩序を保つためのポイント、カード会社による補償可否などまとめました。

    結局法人カードは利用するべきなの?

    法人カードを作れる状況なのであれば、「法人カードを持っておくべき」というのが筆者の意見です。

    もちろん、個人事業主でプライベートと経費の仕訳をしっかりできているなら「わざわざ法人カードを作る必要がない」という方もおられると思いますが、一般的に経営は公私混同を避けるべきです。

    必ずカードを分けましょう。

    法人カードは年会費を全額経費にできることからも、そこまで躊躇する理由もありません。

    逆の考え方で、一般的に経費支払いを個人カードで対応しなければならないケースは「法人カードを作れない状況」のみです。
    この場合でも、法人デビットカードを検討するなど、出来れば公私混同を避けることを第一に考えるほうが経費管理は楽だと思います。
    法人口座を作れないことから法人カードの申込で悩んでいる場合、個人口座を設定できる法人カードがおすすめです。
    今使っている個人口座とは別にもう1つ個人口座を作り、その口座を事業専用にしてしまえば最悪なんとかなります。

    結論、ほとんどの法人で利用するべき

    法人カードを導入した場合の実用性は、個人カードを使う場合と同じです。

    • 国税の支払いや大きな仕入れ、広告費(リスティング広告、Facebook広告等)など金額の大きくかつクレジットカード支払い可能な支出がある場合は法人カードの利用を強くおすすめ
    • そうでない場合も、経費精算の手間の簡略化や、公私の区別の明確化、従業員カードなどの利便性を考えると利用が検討できる

    やはり、カードがあると支払いがスムーズですし、「現金払い不可」の「カード払いのみ」というサービスを利用する場合でも対応できるようになります。

    今後、時代の流れでキャッシュレス化はさらに進むと思いますが、単純にカードを持っておくほうが楽で便利ですね。

    審査にすべて落ちてしまったときの代替策として、個人向けクレジットカードや法人向けデビットカードの利用を検討しよう

    法人カードの審査に落ちてしまった場合、「法人デビットカード」→「個人クレジットカード」の順で検討するのがおすすめです。

    • まだあなたが会社員で起業を検討しているなら、個人向けクレジットカードで限度額の高いものを今のうちに作成しておくのもアリ
    • 起業初年度の法人代表者・個人事業主よりも、会社員の方がクレジットカード会社の審査は有利なことが多い

    法人デビットカードは審査がないので、信用情報(クレヒス)の影響で不合格になっているならいい代案となります。

    法人カードの審査に落ちた状態で個人クレジットカードに申し込んでも、信用情報の影響で不合格になっているなら個人カードも同じく不合格になる可能性が高いです。

    そのため、個人カードは会社員のときに作るなど、法人カードへ申し込むよりも前の段階で作っておくといいでしょう。

    一般的には社会人になって何かしらのクレジットカードを1枚は持っている方が多いと思いますが、すでにカードを持っているなら法人カードを作れるまで経費をカードで支払いたいときはそのカードを使えばOKです。

    おすすめ法人カードの選び方

    法人カードは各カードごとにスペックが大きく違います。

    • 限度額の上限が大きいカード
    • 年会費
    • ポイント還元率・交換先
    • 追加カード・ETCカード
    • +αの特典

    ポイント還元に関しては「ポイントプログラムがあるかどうか?」を見ておくことが大切ですし、複数社員にカードを持たせるなら「追加カードの発行枚数」をチェックしておくことも欠かせません。

    下記の記事で法人カードの選び方をまとめているので、参考にしながら検討してみてくださいね。

    【2023年2月】最強法人クレジットカードを比較。還元率・年会費・マイル重視・特典などタイプ別に厳選。
    実際に複数の法人カードを比較・所有する経営者・個人事業主が【日本一わかりやすく】まとめる「法人カード調査部」です!税理士・日銀OBとも意見交換・監修に入っていただき、信頼できる情報発信に努めています。

    迷ったらこれ!おすすめ法人カード

    迷ったらこれ!おすすめ法人カード

    最後におすすめの法人カードを3枚紹介しておきます。

    ▼今作るなら!おすすめ法人カード3選▼

  • セゾンプラチナビジネス・アメックス
  • 【コスパ最強法人カード】コンシェルジュ+JALマイル還元率1.125%!
    最短3営業日で発行でき、創業1ヶ月目の合同会社でも審査通過。

  • アメックス・ビジネス・ゴールド
  • 【初年度年会費無料】ハイステータスカードを無料で試せるチャンス!
    ANAマイルに強い+家族(社員)カードが1枚無料です。

  • 三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)
  • 年会費無料カードの本命!
    最短3営業日発行でスムーズに手元に届く上、安心の三井住友カードブランドなのも魅力です!

    コスパ・バランスを考えて最強クラスなのが「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード」です。

    ステータスや豪華な特典、還元率を重視するなら、「ラグジュアリーカード ブラック」がブランド力も含めておすすめです。

    年会費を抑えたい方におすすめなのが、バランスのいいスペックが魅力の「三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)」です。

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ▼詳細解説記事

    【2023年2月】コスパ最強!?セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの審査・特典・年会費・コンシェルジュを徹底解説!
    【所有者が徹底解説】申し込み条件が優しいうえスペック最強クラスのセゾンプラチナ・ビジネス・アメックス!ポイント還元率、個人事業主の可否、追加カード、ETCカード、プライオリティパス(空港ラウンジ)など付帯サービスも今すぐチェック!

    ▼スペック詳細

    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    申込・審査・発行
    申込対象
    (審査対象)
    法人代表者
    個人事業主
    法人そのもの-
    申込資格個人事業主または経営者の方(学生、未成年を除く)
    発行スピード最短3営業日
    年会費初年度22,000円(税込)
    2年目以降22,000円(税込)

    ■年会費優遇条件
    ※年間200万円以上のショッピングのご利用で、次年度年会費が11,000円(税込)になります。

    ポイント・還元率基本1.125%
    上限1.125%

    ■基本・上限の根拠
    (基本・上限)SAISON MILE CLUB加入・永久不滅ポイントもすべてJALマイルに交換した場合

    主要交換先の
    ポイント交換レート
    JALマイル1:2.5マイル ※SAISON MILE CLUB加入で1,000円につき10マイル加算
    ANAマイル1:3マイル
    Amazon1:5円
    キャッシュバック or 請求充当1:4.5円
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数9
    発行費用/枚0円
    年会費/枚3,300円
    ETCカード
    発行可能枚数4
    発行費用/枚0円
    年会費/枚0円
    付帯保険
    海外旅行保険
    付帯条件利用付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
    傷害治療費用300万円
    疾病治療費用300万円
    賠償責任5,000万円
    携行品損害50万円※
    救援者費用300万円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)3万円
    出航遅延費用等保険金(食事代)3万円
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)10万円
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    ※1品当たり10万円、免責1事故3千円

    国内旅行保険
    付帯条件自動付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)5,000万円
    入院日額5,000円
    手術費用5,000円×手術の種類により10倍~40倍
    通院日額3,000円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険
    その他保険-
    国際ブランドAMEX
    支払いサイクル締め日毎月10日
    支払い日毎月4日 ※土・日・祝の場合、翌営業日
    入会特典

    初年度年会費(22,000円)が無料!(2023年3月31日(金)まで)

    その他のキャンペーン情報

    -

    編集部レビュー

    最もコスパがよく法人初年度から持ちたいプラチナカードです。コンシェルジュ付き、JALマイルが最高ランクの高還元率・空港ラウンジ使い放題のプライオリティパス等の特典も全部込みで年会費2.2万円/税込です(利用額により最大半額に割引)。

    カードのメリット(強み)
    ・発行スピードが法人カード最速級
    ・最もコスパの良い法人プラチナカード
    ・コンシェルジュ特典付帯
    ・プライオリティパス付帯
    ・JALマイル還元率が1.125%まで上がる
    ・限度額の設定が柔軟
    ・リボ、キャッシングが利用可能

    カードのデメリット(弱み)
    ・JALマイル用途以外の還元率は並

    ラグジュアリーカード ブラック

    ▼詳細解説記事

    【2023年最新】ラグジュアリーカード(法人・ビジネス)のGold所有者が審査ハードル・限度額・評判を徹底解説!
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    ▼スペック詳細

    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード BLACK CARD(法人口座決済用カード)
    申込・審査・発行
    申込対象
    (審査対象)
    法人代表者
    個人事業主
    法人そのもの-
    申込資格20歳未満の方および、学生の方はお申し込みいただけません。 ※法人決済口座の規定:20歳以上の法人、団体等の代表者または個人事業主の方に限ります。
    発行スピード最短10分申込 / 最短5営業日発行
    年会費初年度110,000円(税込)
    2年目以降110,000円(税込)

    ■年会費優遇条件
    -

    ポイント・還元率基本1.25%
    上限1.25%

    ■基本・上限の根拠
    (基本)1ポイント5円で使えるAmazonギフト券に交換した場合の還元率
    (上限)変動なし

    主要交換先の
    ポイント交換レート
    JALマイル1:3マイル
    ANAマイル1:3マイル
    Amazon1:5円
    キャッシュバック or 請求充当1:5円
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数4
    発行費用/枚0円
    年会費/枚27,500円
    ETCカード
    発行可能枚数4
    発行費用/枚1,100円
    年会費/枚0円
    付帯保険
    海外旅行保険
    付帯条件自動付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億2,000万円
    傷害治療費用200万円
    疾病治療費用200万円
    賠償責任1億円
    携行品損害100万円※
    救援者費用500万円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
    出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
    家族特約死亡・後遺障害は1,000万円 他項目の金額は同額

    ■その他・備考
    ※自己負担額1回の事故につき3,000円

    国内旅行保険
    付帯条件利用付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)1億円
    入院日額5,000円
    手術費用-
    通院日額3,000円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
    出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険
    その他保険-
    国際ブランドMaster
    支払いサイクル締め日毎月5日
    支払い日当月27日
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    インビテーションなしで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。通常還元率1.25%は納税時も変わらず、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    カードのメリット(強み)
    ・ブラックカードのステータス
    ・コンシェルジュが便利
    ・ダイニングサービスが充実
    ・プライオリティパス付帯
    ・その他特典も充実

    カードのデメリット(弱み)
    ・年会費は高い(とはいえ、ビジネスの経費・サービスへの投資目線で考えれば十分にその価値はある)

    三井住友カード ビジネスオーナーズ(一般)

    ▼詳細解説記事

    三井住友ビジネスカードとビジネスオーナーズの違いを(一般・ゴールド)ランク別に比較!オーナーズがオススメな理由も解説!
    【徹底検証】三井住友の法人カードはこの記事を見ればOK!ポイント還元率は?年会費、限度額は?個人事業主も大丈夫?追加カード・ETCカードの有無まで三井住友ビジネスカードとビジネスオーナーズとを徹底比較!

    ▼スペック詳細

    三井住友カード ビジネスオーナーズ
    三井住友カード ビジネスオーナーズ
    申込・審査・発行
    申込対象
    (審査対象)
    法人代表者
    個人事業主
    法人そのもの-
    申込資格満20歳以上の法人代表者、個人事業主(副業、フリーランスを含む)の方
    発行スピード最短3営業日発行~1週間程度で到着
    年会費初年度0円(税込)
    2年目以降0円(税込)

    ■年会費優遇条件
    -

    ポイント・還元率基本0.50%
    上限1.5%

    ■基本・上限の根拠
    (基本)1ポイント5円で使えるAmazonギフト券に交換した場合の還元率
    (上限)対象の三井住友カードとの2枚持ちで特定の加盟店のポイントが最大1.5%還元

    主要交換先の
    ポイント交換レート
    JALマイル-
    ANAマイル1:3マイル
    Amazon1:5円
    キャッシュバック or 請求充当1:3円
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数19
    発行費用/枚0円
    年会費/枚0円
    ETCカード
    発行可能枚数1枚につき、ETCカードを1枚発行
    発行費用/枚0円
    年会費/枚550円
    付帯保険
    海外旅行保険
    付帯条件利用付帯
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)2,000万円
    傷害治療費用50万円
    疾病治療費用50万円
    賠償責任2,000万円
    携行品損害15万円 ※
    救援者費用100万円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    ※自己負担額1回の事故につき3,000円

    国内旅行保険×
    付帯条件-
    死亡・後遺障害(*以下、最大補償額)-
    入院日額-
    手術費用-
    通院日額-
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)-
    出航遅延費用等保険金(食事代)-
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)-
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)-
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険×
    その他保険-
    国際ブランドVisa/Mastercard
    支払いサイクル締め日毎月15日または毎月末日
    支払い日翌月10日または翌月26日
    入会特典

    ▼新規入会キャンペーン
    新規入会&利用で最大8,000円相当のVポイントプレゼント!

    その他のキャンペーン情報

    個人会員向けの三井住友カードとあわせてもつと、特定の加盟店での利用で最大1.5%還元に!

    編集部レビュー

    年会費無料・法人設立すぐでも申込OK、1枚目におすすめの法人カードです!

    カードのメリット(強み)
    ・1枚目におすすめの法人カード
    ・年会費無料
    ・分割、リボ、キャッシング利用可能
    ・最短3営業日発行
    ・追加カードを19枚発行可能

    カードのデメリット(弱み)
    ・ポイント還元率は並

    コラム

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    コスパで選ぶなら圧倒的にこのカード!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
    アメリカン・エキスプレス・ ビジネス・ゴールド・カード

    ★ハイステータスカードを初年度年会費無料で試せるチャンス★

    アメックスのステータス性+金属製カードの高級感がありながら、設立初年度でも法人代表者の本人確認書類のみで気軽に申し込めます!

    家族(社員)追加カードが1枚無料でANAマイルに強く使い勝手も抜群です。

    三井住友カード ビジネスオーナーズ
    三井住友カード ビジネスオーナーズ

    三井住友カード ビジネスオーナーズは法人カードでは珍しい年会費無料カードです!

    有料のゴールドもありますが、ビジネス関係の特典は共通しているため、空港ラウンジ等の特典が不要なには「一般カード」でOKです。

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも…年会費は無料がいい!)という方にオススメできる1枚。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました