【2022年5月】ラグジュアリーカードチタンの基本スペック・特典・上位カードとの違いを比較&解説。エントリーカードとしておすすめ!

ラグジュアリーカードチタン(法人)プラチナカード

スタイリッシュかつモダンであり、金属製カードの気品があるラグジュアリーカードチタン。

カードがプラスチック製ではなく金属製で高級感があり、インパクト絶大です。

見た目だけではなく特典も充実しており、すでに圧倒的なステータスカードとして認知されています。

ラグジュアリーカードは3種類あり、今回紹介するラグジュアリーカードチタンは下位カードですが、ほかのカードとは異なる豪華な特典がついてきます。

3種類あるラグジュアリーカード、断トツおすすめはブラック

▼3種類あるラグジュアリーカードをサクッと選ぶ

すぐにカードを選べるよに3種類のラグジュアリーカードの特徴をまとめてみました! ※ラグジュアリーカードは「チタン→ブラック→ゴールド」の順にランクが上がります。
  • チタン →比較的安価で金属製カードを保有したい方におすすめです。
  • ブラック →還元率&特典のバランスが最高。ステータス性の高さがわかるデザインも人気です!←断トツおすすめ
  • ゴールド →豪華な特典の数々&24金製カードなど圧倒的なステータスを手に入れられる至高の一枚です!

上記の通り、3種類あるラグジュアリーカードで筆者が断トツでおすすめなのが「ブラック」です。

ラグジュアリーカードブラック(法人)

もっとも特典内容と年会費のバランスが取れており、大変お得なカードだと言えます。

本記事で紹介している「チタン」と「ブラック」の特典を比較しましたのでご確認ください。

 チタンブラック
年会費(税込)55,000円110,000円
ポイント還元率1.0%1.25%
コンシェルジュ受付のみメール可電話
メール
チャット(平日日中のみ)
リムジン送迎なしあり
厳選レストラン優待なしあり
テイスティング
イベント
なしあり

ブラックでは、メール対応可能なコンシェルジュサービスやリムジン送迎がつくなど、年会費の差額(5万円)以上の価値があります。

法人カードの年会費は経費計上できるため、個人カードに比べて少し背伸びしたカードを選んでもいいでしょう。

ブラックを契約し、月々9,200円(税込)で秘書を雇っていると考えるとお得に感じるはずです!

ラグジュアリーカード ブラック公式サイト・今すぐ申込み

エントリーモデルとしてはチタンも最適

ラグジュアリーカードチタン(法人)

当サイトのおすすめはコストパフォーマンスの高いブラックですが、お得とはいえ年会費の高さが気になる方もいるかと思います。

そのような場合はチタンから始めるのもいいでしょう。

ラグジュアリカードチタンなら、年会費がブラックの半額(55,000円)とより入会しやすい金額です。

一度ラグジュアリカードの良さに触れて、その後ブラックやゴールドにランクアップするのもひとつの方法です。

【同番切り替えができる!】

ラグジュアリーカードでは、カードランクを上げる際に「同じ番号での切り替え」ができます。
カード番号の再登録が必要ないため、忙しい社長さんにはぴったりのカードです。

※審査や年会費で不安のある方は本記事で紹介している「チタン」からスタートしてもいいでしょう。

ラグジュアリーカードの審査基準は実はそこまで高くない?

今まで謎のベールに包まれてきた審査について、少し目安がわかってきました(想像ほど高くはない基準かと思います)。

【審査基準 目安】

  • 25歳以上
  • 年収500万円以上
  • 過去1年、カード等の支払い遅延無し
  • ※上記の審査基準は「PR:Black Card I株式会社(ラグジュアリーカードの発行会社)」という記載のある広告で確認しました。

    想像ほど審査基準が高くないうえに、実はラグジュアリーカードは1981年以降生まれの比較的若いミレニアム世代の会員数が非常に多いです。

    ラグジュアリーカード年齢別会員数

    出典:Black Card Ⅰ 株式会社

    ラグジュアリーカード チタン公式サイト・今すぐ申込み

    ラグジュアリーカードチタンの基本スペック

    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)

    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)
    ポイント・還元率(基本)1.00%
    ポイント・還元率(上限)1.00%
    発行スピード最短10分申込 / 最短5営業日発行
    年会費(初年度)
    55,000円(税込)
    年会費(2年目以降)
    55,000円(税込)
    追加カード
    ETCカード
    利用金額別の年間お得度
    50万円利用の場合-50,000円(税込)
    100万円利用の場合-45,000円(税込)
    300万円利用の場合-25,000円(税込)
    1,000万円利用の場合45,000円(税込)
    3,000万円利用の場合245,000円(税込)
    算定条件の参考
    ・年会費は税込価格を使用。
    ・還元率は1.0%を使用。
    • 海外旅行保険 付帯有無:
    • 国内旅行保険 付帯有無:
    • ショッピング保険 付帯有無:
    • 国際ブランド:Master
    入会特典ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報:ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    こだわり

    一般的なクレジットカードはプラスチック製ですが、ラグジュアリーカードは金属製です。

    表面は金属感を表現するユニークなブラッシュド加工のデザイン。 職人の手で1枚ずつ削り出されるロゴとお名前。

    一枚のカードにブランドのクラフトマンシップと技術を集約したマスターピースです。

    46もの特許技術を駆使して創り上げられたカードは最新の小型ICチップも搭載でセキュリティ対策も万全。

    引用:ラグジュアリーカード公式サイト

    プラスチック製のクレジットカードは5gほどですが、金属製のラグジュアリーカードは20gと約4倍もの重さなので、店員さんに渡した時などには一発で高級感が伝わる造りです。

    ▼新デザインの紹介動画

    縦型へと進化したラグジュアリーカード|Go Vertical

    国際ブランド

    ラグジュアリーカードチタンの国際ブランドはMastercardです。

    ちなみにMasterCardには以下のようにランクがあり、ラグジュアリーカードチタンは最高ランクのワールドエリートです。

    1. ワールドエリート
    2. ワールド
    3. プラチナ
    4. チタン
    5. ゴールド
    6. スタンダード

    ワールドエリートなら、海外空港送迎手配代行サービスダイニング by 招待日和(2名利用で1名無料)など、豊富な種類の特典を利用できます。

    年会費

    ラグジュアリーカードチタンの年会費は本会員55,000円(税込)で追加カードが16,500円(税込)です。

    ラグジュアリーカードには初年度年会費の全額返金保証があり、もしも満足できなかった場合には年会費を返金してもらえます。

    ※条件:入会日より半年以内に年会費含む50万円以上のカード決済(月々8.4万円ほど)

    年会費はやや高額ですが、実質半年以内に45万円を利用すれば返金対象です。

    あまり満足しなかった場合には返金してもらえるので、お試しで発行してみることもできるのは嬉しいですよね。

    事前入金サービスがスタート:今まで以上に利用枠が柔軟に!

    2020年10月から、「事前入金サービス」が始まりました。

    事前に決済分の現金を入金しておけば、利用可能枠を超えた決済が可能になります。

    大型決済税金の支払いなど通常の利用枠では対応できない決済時に便利なサービスです。

    このサービスを使えば、利用枠にとらわれず高額な決済ができ、決済時のポイントも獲得できます!

    ポイント還元率

    ラグジュアリーカードチタンのポイント還元率は1.0%です。

    クレジットカードは一般的に還元率1.0%を越えると高還元率カードとされます。

    ラグジュアリーカードチタンなら効率的にポイントを貯めることができます。

    ポイントは無期限ではなく有効期限は5年間です。
    カード会社のポイントとしては長い方ですが、失効には注意してください。

    ポイントの交換先など

    ラグジュアリーカードチタンのポイントは、以下のようにさまざまな使い道があります。

    • Amazonギフト券(1.0%)
    • JALマイル(0.6%)
    • ANAマイル(0.6%)
    • iTunesカード(1.0%)
    • nanacoギフト(1.0%)
    • Google Playギフト(1.0%)

    ※(カッコ内)は、1ポイント1円相当、1マイル1円相当として「カードを使った金額に対して何円相当バックがあるか」の還元率を記載。

    ポイントは「ギフト券」や「ポイント移行」など多くのアイテムに交換できます。

    交換先によって還元率がやや異なりますが、平均すると1ポイントは5円相当です。

    Amazonギフト・マイルへの交換が流動性・付加価値の面でオススメですよ(筆者もそうしています)。

    ちなみにお得な使い道としては、フィラディス(ホテルやレストランとの取引しているワイン商社)のオンラインサイトがおすすめです。

    100ポイントで1,000円分、1,000ポイントだと11,000円分になるので、1ポイントの価値が最大で11円となります…!

    付帯保険

    ラグジュアリーカードチタンは、補償が最大1.2億円と高額補償に見えますが1点だけ注意が必要です。

    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)の付帯保険
    付帯保険に関する公式URL公式サイトへ
    海外旅行保険付帯条件自動付帯
    死亡・後遺障害1億2,000万円
    傷害治療費用200万円
    疾病治療費用200万円
    賠償責任1億円
    携行品損害100万円※
    救援者費用500万円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
    出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
    家族特約死亡・後遺障害は1,000万円 他項目の金額は同額

    ■その他・備考
    ※自己負担額1回の事故につき3,000円

    国内旅行保険付帯条件利用付帯
    死亡・後遺障害1億円
    入院日額5,000円
    手術費用-
    通院日額3,000円
    乗継遅延費用保険金(客室料・食事代)2万円
    出航遅延費用等保険金(食事代)2万円
    寄託手荷物遅延費用保険金(衣料購入費等)2万円
    寄託手荷物紛失費用保険金(衣料購入費等)4万円
    家族特約×

    ■その他・備考
    -

    ショッピング保険付帯条件利用付帯
    国内 最大300万円
    海外 最大300万円

    ■その他・備考
    ※自己負担額1回の事故につき3,000円

    その他保険-
    海外旅行保険の傷害治療費用や疾病治療費用が200万円までしかカバーされていません。

    傷害治療費用や疾病治療費用は怪我や病気をしたときの補償ですが、海外では治療費は全額負担になり数百万円かかるケースもあります。

    実例をいくつか紹介します。

     国名医療費症例
    1アメリカ4,661 万円嘔吐後に倒れ意識不明となり救急車で搬送。くも膜下出血と診断され25日間入院・手術。家族が駆けつける。看護師が付き添いチャーター機で医療搬送。
    2アメリカ3,506 万円頭痛のため受診、脳内出血と診断され18日間入院・手術。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。
    3フランス628 万円意識障害により救急車で搬送。脳内出血と診断され6日間入院。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。
    4イタリア355 万円腹痛で受診。パリへ移動後、急性虫垂炎と診断され8日間入院・手術。家族が駆けつける。
    5シンガポール317 万円息切れと胸の痛みを感じ受診。自然気胸と診断され延べ9日間入院・手術。

    引用:ジェイアイ傷害火災保険株式会社-2019年度 海外旅行保険事故データ

    上記のように、ラグジュアリーカードチタンではカバーしきれない事例が多くあります。

    「ラグジュアリーカードチタンがあれば海外でも安心!」とは思わないようにご注意ください。

    傷害や治療保険は複数カードの補償額を合算できます。
    3枚程度カードをもっていき、補償額を500万円以上にしておくと安心感があります!
    ラグジュアリーカード チタン公式サイト・今すぐ申込み

    追加カード・ETCカード

    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)の追加カード・ETCカード
    追加カード
    発行可能枚数(0~無制限)4
    発行費用/枚0円
    年会費:初年度16,500円
    年会費:2年目以降16,500円

    ■その他・備考
    ※従業員カードではなく家族カード。

    ETCカード
    発行可能枚数(0~無制限)4
    発行費用/枚1,100円
    年会費:初年度0円
    年会費:2年目以降0円

    ■その他・備考
    -

    ラグジュアリーカードチタンは追加カードを最大で4枚まで発行できます。

    社員さんなどにそれほどカードを持たせる予定がなければ全く問題ありませんが、もしも4枚以上発行したい場合には他の法人カードを検討したほうがいいかもしれません。

    ETCカードも4枚まで発行可能であり、年会費は不必要ですが発行に1,000円かかります。

    ラグジュアリーカードチタンの特典

    ラグジュアリーカードチタンの特典

    ラグジュアリーカードチタンの特典を大きく分けると、以下のようにふだんの生活のさまざまなシーンで使えるほど幅広いです。

    • コンシェルジュ
    • トラベル
    • ライフスタイル

    ※ラグジュアリーカードチタンの特典はたくさんあるので、筆者が実際に体験したものや、これは是非おすすめしたいというものを中心に紹介します。

    コンシェルジュ特典

    コンシェルジュ

    ラグジュアリーカードチタンにはコンシェルジュ特典が付帯しています。

    電話すると、 自動音声なくすぐにオペレーターの方につながり非常に便利です。

    クレジットカードの特典としてのコンシェルジェサービスでは、一度自動音声につながるパターンが多い中、直接つながるのはラグジュアリーカードの利点ですね。

    上位カードのブラックとゴールドだとメール対応も可能

    上位カードであるブラックとゴールドでは、メールでの依頼・回答ができます。

    ※チタン会員は依頼受け付け時のみメールでもOKです

    筆者はブラックを保有しており、出張の手配や飲食店の予約や送迎の手配などをメールでまとめてお願いすることが多いです。

    クレジットカードのコンシェルジュサービスは基本的に電話が多いので、メールだととても助かっています(電話待ちの時間がなくなります)。

    ブラック、ゴールドを対象にコンシェルジュのライブチャット機能が2021年から開始しました。
    専用アプリから文章でコンシェルジュに依頼できます。

    旅行系の特典

    • グローバル・ラグジュアリーホテルアップグレード
    • The Ryokan Collection
    • 国内外の空港ラウンジ無料
    • 国際線手荷物宅配無料

    >>詳しくは公式サイトをご覧ください。

    2021年4月下旬からコンシェルジュ経由の予約で優待が受けられるホテルが増えました。

    話題の東山ニセコビレッジ・リッツ・カールトン・リザーブなど非日常を楽しめるラグジュアリーなホテルが大幅に増えました。

    空港ラウンジ

    ラグジュアリーカードチタンを保有すると「国内主要28空港」&「プライオリティパス」で世界中の空港ラウンジが利用できます。

    日本の空港でも対象となる空港ラウンジはあるのですが、正直あまり期待できるようなところではなく、待合室という印象が強いです。

    ですが、海外では豪華なビュッフェやシャワーがあり、フライト前に快適なひとときを過ごすことができます!

    本来であればプライオリティパスは年間で$429もするため、これが無料付帯するのは大きいですよね。

    エンタメ・グルメ系の特典

    • TOHOシネマズ優待
    • コース料理アップグレード/1名様無料
    • カフェ・バー優待
    • ラグジュアリーカード エクスペリエンス

    >>詳しくは公式サイトをご覧ください。

    TOHOシネマズ優待

    事前にエントリーし、TOHOシネマズまたはイオンシネマオンラインチケットで1回1,200円以上のチケットをラグジュアリーカードで購入すると、後日ムビチケ前売り券を1枚もらえます。

    1枚買うとあとでもう1枚映画チケットがもらえるイメージです。

    上位カードのブラックだと月2回まで、ゴールドだと月3回まで可能です。

    実際にラグジュアリーカードの偉い方に聞いた情報でも、最も使われる特典がTOHOシネマズの無料鑑賞だそうです。

    コース料理アップグレード/1名様無料

    ラグジュアリーカードが厳選した⼈気レストランでコース料理のアップグレードや2名様以上で所定のコースをご予約の場合、1名様分が無料になります。

    仮に1人当たり1.5万円のレストランをしたらそれだけで1.5万円も得をするので、この特典を活用する機会が多ければ、それだけで年会費以上の価値を生み出せます。

    その他の特典

    コンシェルジュ・旅行・グルメ/ライフスタイル系以外でも以下のような特典が用意されています。

    • 新生銀行ステップアッププログラム(新生プラチナ)
    • 国立美術館の無料鑑賞
    • バイリンガル・ベビーシッター
    • 家事代行サービス
    • 国内海外の有名ゴルフ場手配

    >>詳しくは公式サイトをご覧ください。

    ラグジュアリーカード チタン公式サイト・今すぐ申込み

    ラグジュアリーカードチタンのデメリット

    ラグジュアリーカードチタンのデメリット

    ラグジュアリーカードチタンの特典(メリット)をここまでずらっと紹介してきましたが、デメリットももちろんあります。

    維持費がやや高額

    ラグジュアリーカードチタンは年会費が55,000円(税込)なので、決して安いとは言えない維持費がかかります。

    法人カードでいうと年会費無料のものや、1万円ほどだけどコスパ抜群のカードもあります。

    そんな中、自分自身は5万円払ってラグジュアリーカードチタンを最大限使いこなせるか?というのはきっちり考えたほうがいいかもしれません。

    たとえば、一番の魅力と言っていい高級感。

    持っているだけでテンションが上がりますが、今の時代法人カードで信頼を勝ち取れるという場面は少なくなっているように思えます(30代社長の偏見かもしれませんが)

    また、コンシェルジュにおいても出張が多かったり、接待が多くなれば使う機会がないので、もしかすると不必要かもしれません。

    そうなるとラグジュアリーカードチタンを持っている意義をそれほど見出せなくなるので、別カードを検討したほうがいいかもしれないというわけです。

    【2022年4月】最強法人クレジットカードを比較。還元率・年会費・マイル重視・特典などタイプ別に厳選。
    実際に複数の法人カードを比較・所有する経営者・個人事業主が【日本一わかりやすく】まとめる「法人カード調査部」です!税理士・日銀OBとも意見交換・監修に入っていただき、信頼できる情報発信に努めています。

    とはいえ、法人カードの年会費は経費になり、月額4,600円(税込)ほどです。

    初年度は年会費の「全額返金保証※」もあるため、お試し感覚での発行も可能です。

    ※条件:入会日より半年以内に年会費含む50万円以上のカード決済(月々8.4万円ほど)

    旅行保険で一部不安要素あり

    海外旅行保険の傷害治療費用や疾病治療費用が200万円までしかカバーされていません。

    病気やケガに対する治療費が足りない可能性があります。

    ▼ブラックの方が特典内容が豊富▼

    ラグジュアリーカード ブラック公式サイト・今すぐ申込み

    ラグジュアリーカードチタンの審査ハードル

    ステータスを全面的にアピールするカードのため、どうしても申し込みハードルを感じやすいカードでしょう。

    申し込みに際して、最低でも安定した年収が500万円は欲しいところです(筆者考察)。

    逆に言えば、世の中でWeb申し込みできるほとんどのカードはこのレベルあれば年収要件はクリアしているはずです。

    ▼チタン
    1月に個人カードが落ちて、ビジネスならいけるんじゃないか? と思い依頼したところあっさり通過 いらない別荘を売った事、自宅ローンの支払いが無くなった事、ポルシェのローンが無くなったのが以前との違い これでポルシェカードを解約できます。
    引用:クレファン

    →ローン完済後などはねらい目かもしれませんね。

    ラグジュアリーカードは非常に特別なカードに思えますが、審査自体はほかのカードと同じく「割賦販売法」をベースに行われています。

    一般的なクレジットカードと審査フローは同じため、特別にハードルが高いといったことは考えにくいです。

    >> ラグジュアリーカードチタンの公式サイトはこちら

    上位カードであるブラックやゴールドとの比較

    ※表はスライドできます。
    券種名
    年会費
    還元率
    国際
    ブランド
    追加
    カード
    ETC
    カード
    編集部
    レビュー
    カードの
    メリット
    • 55,000円(税込)
    • 基本:1.00%
    • 上限:1.00%
    • Master
    • 発行可能枚数:4
    • 発行可能枚数:4
    持っているだけでテンションが上がる金属製カードのエントリー版。年会費55,000円(税込)かかりますが特典は十分に享受できます。
    ・金属製製カードの最高峰ステータス
    ・コンシェルジュが便利
    ・ダイニングサービスが充実
    ・プライオリティパス付帯
    ・その他特典も充実
    • 110,000円(税込)
    • 基本:1.25%
    • 上限:1.25%
    • Master
    • 発行可能枚数:4
    • 発行可能枚数:4
    インビテーションなしで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚。メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。通常還元率1.25%は納税時も変わらず、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。
    ・ブラックカードのステータス
    ・コンシェルジュが便利
    ・ダイニングサービスが充実
    ・プライオリティパス付帯
    ・その他特典も充実
    • 220,000円(税込)
    • 基本:1.50%
    • 上限:1.50%
    • Master
    • 発行可能枚数:4
    • 発行可能枚数:4
    還元率1.5%!納税時も還元率は変わらないため、決済手数料を差し引いても0.5%以上はポイントが付きます。お得さと純金製の最高峰ステータスを兼ね備えた1枚をその手に。
    ・純金製カードの最高峰ステータス
    ・コンシェルジュが便利
    ・ダイニングサービスが充実
    ・プライオリティパス付帯
    ・その他特典も充実

    個人的にはブラックがおすすめ

    ラグジュアリーカードはチタン・ブラック・ゴールドの3種類ありますが、ブラックがオススメです。

    ラグジュアリーカード
    ※上記は2021年11月までの古いデザインのカードです。

    筆者はチタンとブラックの間に、特典やスペックの差に年会費以上の差額(5万円以上)の価値があると考えています。

    ラグジュアリーカードブラックなら、メールでのコンシェルジュ対応やラグジュアリーリムジンサービス(対象レストランまでの送迎)を利用できます。

    ブラックでも月々9,200円(税込)程度なので、「ちょっとした秘書を雇うイメージだと考えるととてもお得」ではないでしょうか?

    ▼チタンとゴールドの差

     チタンブラック
    年会費(税込)55,000円110,000円
    ポイント還元率1.0%1.25%
    コンシェルジュ受付のみメール可電話
    メール
    チャット(平日日中のみ)
    リムジン送迎なしあり
    厳選レストラン優待なしあり
    テイスティング
    イベント
    なしあり

    ※あくまで筆者の見解ですが、ゴールドとブラックには年会費以上の差(10万円以上)はないと考えています。

    法人カードの年会費は経費になり、ブラックでも月額9,200円ほどです。

    初年度は年会費の「全額返金保証※」もあるため、お試し感覚での発行も可能です。

    ※条件:入会日より半年以内に年会費含む50万円以上のカード決済

    法人カードは年会費を経費にできるため、個人カードに比べて少し背伸びしてもいいかもしれませんね。

    ラグジュアリーカード ブラック公式サイト・今すぐ申込み

    ゴールドカードのインビテーションもあり

    ラグジュアリーカード インビテーション

    メイン法人カードとしてラグジュアリーカード ブラックを利用している筆者のもとに、ゴールドカードへのインビテーションが届きました。

    ラグジュアリーカードのインビテーション制度は非常によく考えられており、利用者にとって使い勝手のいい制度になっています。

    通常、ブラック保有者がゴールドに切り替えを行うと即時に年会費が請求されてしまいますが、インビテーション経由ならその心配はありません。

    ゴールドカードの年会費は、手持ちのブラックカードの次回請求月まで請求されません!

    次回の年会費請求月まで、ブラックカードの年会費でゴールドカードのサービスが受けられます(少しお得ですね!)。

    ▼インビテーションは郵送、メールの両方できました(クリックで拡大できます)
    ラグジュアリーカード インビテーション
    ラグジュアリーカード インビテーション

    ▼実際に筆者のもとに届いたゴールドカード(クリックで拡大できます)
    ※筆者はもともとブラックカードを使っており、上記のインビテーションでゴールドにアップグレードしました。
    ラグジュアリーカードゴールド

    ゴールドカード限定特典

    ゴールドカードになるとさまざまな特典内容が変更(パワーアップ)されます。

    その中でも、筆者がとくに気になった・お得だと感じた特典を紹介していきます。

    ※画像はクリックで拡大できます。
    ラグジュアリーカードゴールド特典

    ラグジュアリーカードゴールド特典

    ラグジュアリーカードゴールド特典

    ラグジュアリーカードゴールド特典

    とくに「LCオーナーズコミュニティ」は法人用ゴールド会員を対象としており、自社のサービスや商品を宣伝するいい場所となるでしょう。

    【ニュース】ラグジュアリーカードで新たな試みが

    1.女性を狙った戦略

    新しいターゲットとして注目されているのが、「女性」です。

    全世界ではラグジュアリーカードの女性会員数は全体の半数ですが、日本では1割程度に留まっているそうです。

    女性会員を増やすべく、女性会員向けのダイニングサービスが企画されています。

    ※あくまで「女性向け」の企画であって男性でも利用可能です。

    【ラグジュアリーカードの会員データ】

  • 平均年収1,700万円
  • 20~30代前半のミレニアム世代が44%
  • 経営者が60%
  • 東京ユーザーで多いのは港区、世田谷区、渋谷区在住者
  • 参考:ITmediaビジネス

    2.ポイントを高級車と交換できる

    ラグジュアリーカードでは、なんとポイントと「ロールスロイス」との交換がはじまりました(業界初)!

    クレジットカード業界では前代未聞の4,500万円相当の豪華賞品をポイントで入手できます。

    交換できるのはロールス・ロイスの「ブラック・バッジ・カリナン」という車種で必要ポイントは927万ポイントです。

    実際に交換できるかは別としても、話題性、商品の高級感はさすがラグジュアリーカードです。

    ▼実際に交換できるロールス・ロイス
    ロールス・ロイス

    まとめ

    ラグジュアリーカードチタンは、金属製カードで高いステータス性や特典が非常に魅力的なカードです。

    維持費が50,000円と決して安くはないですが、特典を使いこなせば簡単にペイできます。

    法人カードの年会費は経費ですし、初年度年会費の全額返金保証もあるのでお試し感覚での発行もできますよ!

    ちなみに筆者としては上位カードのブラックがおすすめなので、チタンがいまいちピンと来なかったら、ぜひ検討してみてください。

    ラグジュアリーカード チタン公式サイト・今すぐ申込み
    【2022年最新】ラグジュアリーカード(法人・ビジネス)のGold所有者が審査ハードル・限度額・評判を徹底解説!
    ラグジュアリーカード ヘビーユーザーの筆者が全ての魅力を徹底解説!金属で高級感あるインパクト絶大なカードフェイス、年会費、個人事業主の可否、限度額、ポイント還元率、コンシェルジュの有無、追加カード、口コミなど。今すぐチェック

    ラグジュアリーカードチタンのスペック表

    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)
    ラグジュアリーカード TITANIUM CARD(法人口座決済用カード)
    年会費・還元率
    年会費初年度55,000円(税込)
    2年目以降55,000円(税込)
    ポイント・還元率基本1.00%
    上限1.00%
    追加カード・ETCカード
    追加カード
    ETCカード
    付帯保険
    海外旅行保険
    国内旅行保険
    ショッピング保険
    国際ブランドMaster
    入会特典

    ラグジュアリーカードはブランドの方針で、入会キャンペーンなどは実施していません。

    その他のキャンペーン情報

    ご満足いただけなければ、初年度の年会費を「全額返金保証」

    ※ご入会日より半年以内に年会費含む50万円以上(税込)お支払いただいた方で、ご満足いただけず退会される場合、お支払いただいた年会費全額を返金いたします。

    編集部レビュー

    持っているだけでテンションが上がる金属製カードのエントリー版。年会費55,000円(税込)かかりますが特典は十分に享受できます。

    画像の出典

  • 出典:PR TIMES-業界初!ラグジュアリーカードのポイント交換商品にロールス・ロイスがラインナップ
  • プラチナカード 法人カードの券種紹介

    【はじめての方へ】申込ハードルの低い法人カード

    申込に決算書・登記簿謄本などが不要。 初年度の年会費無料、2年目以降も格安で維持しやすい法人カードはこちらからどうぞ!
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
    セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

    ★イチオシ、多くの法人社長にオススメのコスパ最強カード★

    コスパで選ぶなら圧倒的にこのカード!

    ポイント還元率はJALマイル1.125%以上可能、初年度からいきなりプラチナカードでコンシェルジュ・保険もバッチリ付帯。

    プライオリティ・パスまで無料取得可能なこのカード、1枚目に持つべきでしょう。

    ラグジュアリーカード BLACK CARD
    ラグジュアリーカード ブラック

    ★インビテーションなしで持てる「ブラックカード」として名実とも確かな1枚★

    当サイト読者さんでも、複数の新設法人で続々審査通過中!

    メール対応可能なコンシェルジュを含め特典は使い切れないほど充実。

    還元率も通常1.25%あり、年間1,000万円以上使う方であればポイントだけで十分に年会費分を回収できます。

    三井住友カード ビジネスオーナーズ
    三井住友カード ビジネスオーナーズ

    三井住友カード ビジネスオーナーズは法人カードでは珍しい年会費無料カードです!

    有料のゴールドもありますが、ビジネス関係の特典は共通しているため、空港ラウンジ等の特典が不要なには「一般カード」でOKです。

    (上位のカードはなんとなく使いこなせないかも…年会費は無料がいい!)という方にオススメできる1枚。

    法人カード調査部公式サイトトップページへラグジュアリーカード徹底解説
    「役に立ったかも…!」と思っていただけたら、シェアをお願いします!
    おすすめ法人カード調査部【経営が加速するクレカの使い方】

    コメント

    タイトルとURLをコピーしました